津田佑介の趣味ブログ

津田佑介の趣味ブログ

セレクトショップなどの経営の傍ら、サッカー、グルメ、お酒、健康などをテーマに綴っています。

飲みやすい水は軟水か硬水か?飲む時のポイントも一緒におさえよう!

こんにちは

津田佑介です。


皆さん、普段口にする水は意識していますか?

コンビニなどで天然水を購入する方も多いと思います。

天然水と一言でいっても様々な種類が販売されています。

飲み比べてみた時に飲みやすい水と飲みにくい水があると感じたことはありませんか?

同じ「水」なのになぜそう感じるのか

気になったので今回テーマに取り上げることにしました。


◯水の飲みやすさに直結する「硬度」の違い

水同士の違いとして真っ先に思いつくのが「硬度」です。

水を硬度で分類すると、軟水と硬水に分けられます。


日本の水は軟水であり、口当たりが軽いとされています。

軟水は飲み慣れているのもあり特段心配なく飲める一方、

硬水は胃腸を刺激して体に良い効果をもたらすことも

あれば刺激が強すぎて調子を崩すこともあります。

参考:https://www.aquaclara.co.jp/lifehack/water/003/


もちろん刺激の程度には個人差があるので

一概には言えませんが、まずは一度両方とも試してみて

自分に合った水を選んでいきましょう。


◯水分補給する時は適量・適温にしよう

飲みすぎると体の中の血液濃度が薄まりすぎて

ふらつきを引き起こしてしまいかねません。

つまり1日に飲むには適度な量があるということですね。


一説によると、1日に必要な水分は約2.5Lのようです。

水分は食事でも摂取しているため、その分を差し引くと

1.5〜2Lを目安に補給するとよいことになりますね。

参考:https://diamond.jp/articles/-/265389


その際、冷やした水を一気に飲むと血管が刺激されて

あまり体に良くないため、できれば常温に戻すか

体温に近いぬるま湯にして飲むのがおすすめです。


◯健康・美容維持にも有効な水分補給

水分補給は肌の潤いを保つ上でも効果的です。

生涯若々しく健康でいるためにも水分を摂ることを

意識して続けていきたいと思います。

皆さんもぜひ一緒に取り組んでいきましょう!


◆津田 佑介Twitterはこちら◆

https://twitter.com/yusuke_tsuda_


◆津田 佑介Instagramはこちら◆

https://www.instagram.com/tsuda_yu/


◆公式ブログはこちら◆

https://tsudayusuke-daily.hatenadiary.com/

鼻をかむストレスに向き合おう!肌に優しい素材で耳と鼻を守る

こんばんは

津田佑介です。


4月を迎えていよいよ春も本格的に訪れてきましたね。

それと同時に花粉症の症状がキツくなってきた方も

多いのではないでしょうか。


鼻をかむ頻度も増えてきますが、かむストレスが

実は生活の質を相当落としているため、

少しでも何か対策できたらいいなと日々考えています。

そこで今回はストレス緩和策についてお伝えします。

参考:https://ent-surgicenter.com/operation/chronic-rhinitis/


◯鼻をすするのは避けるべき

症状が辛くなるとついつい鼻をすすってしまいがち。

ですが、やり過ぎると耳を痛めてしまいます。


なぜなら、鼻と耳は繋がっているからです。

だからこそなおさら気を付けないといけませんね。


ティッシュが必要な時に近くにないかもしれませんが、

今の季節だけは手元に常備しておいた方が安心ですね。


僕もすすりたくなったらこの記事のことを思い出して

ちゃんと鼻をかむようにしようと思います。

参考:http://shigenobu-jibika.com/blog/?p=126


◯やわらかい素材のティッシュで肌荒れを防止しよう

今は鼻に優しい素材でできたティッシュ

ローションなどを含んだ保湿力のあるティッシュなど

様々な種類が販売されています。

鼻をかむのに適した素材を選ぶことで

ダメージも緩和され、肌荒れ防止にも役立ちます。


いざという時に備えて自宅に備蓄しておきましょう!


◯花粉症対策こそが春を快適に過ごす秘訣となる

素材の他にも、片方ずつ、ゆっくりとかむことも

鼻への負担を減らす工夫として効果的です。


暖かく過ごしやすい春を満喫するためにも、

お肌にやさしい方法で花粉対策を行いましょう!


◆津田 佑介Twitterはこちら◆

https://twitter.com/yusuke_tsuda_


◆津田 佑介Instagramはこちら◆

https://www.instagram.com/tsuda_yu/


◆公式ブログはこちら◆

https://tsudayusuke-daily.hatenadiary.com/

花粉症の方必見!ちょっとした気遣いでエチケットを意識した行動を起こそう!

こんにちは

津田佑介です。


段々気温も上がり春が本格的に訪れようとしてますが、

皆さんは花粉症に悩まされていませんか?

花粉というのは目に見えないからこそ

対策が難しく厄介ですよね。

しかし、逆に見えないからこそ怖くないともいえます。

花粉が飛びかっているのが全部見えていたら

怖くて外を出歩けないかもしれませんね。

くしゃみに敏感になっている昨今、

エチケットについて、より一層意識を高めるべく

花粉症と絡めて考えてみました。


◯目の前の人を気遣ったエチケットを心掛けよう

エチケットというとどんなイメージがありますか?

マナーと混同しやすいワードですが、その違いは

意識する相手が特定の相手か社会集団かのようです。

自分の近くにいない大勢の人への配慮も必要ですが、

まずは目の前の人への気遣いを意識したいと思います。

参考:https://kotokurabe.com/etiquette-manners/


くしゃみをする時に手の平側を使って押さえた場合、

その手で他のところを触るのはアウトな行為になります。

仮に感染していた場合、飛沫の粒一つひとつに

ウイルスなどが含まれている可能性があるので、

特に外出中は自分の取る行動一つひとつを意識し、

どんな影響があるかまで考えた行動を心掛けましょう!

腕の内側やハンカチなどを使って

周りへの飛散を最小限に抑えられるかつ

自分の手も汚れない方法でやる癖付けをする等

いろいろ工夫してみるといいですね。


◯世の中の変化のスピードに食らいつく!

不要不急の外出自粛要請や新型コロナウイルス

新種変異株の発見などが続々と起こり、

先行きの見通しが悪く不安もあるかと思います。


そんな中だからこそ、エチケットを意識して

目の前の人を互いに配慮し合う環境を一緒に作り、

この苦境を乗り越えていきましょう!


◆津田 佑介Twitterはこちら◆

https://twitter.com/yusuke_tsuda_


◆津田 佑介Instagramはこちら◆

https://www.instagram.com/tsuda_yu/


◆公式ブログはこちら◆

https://tsudayusuke-daily.hatenadiary.com/

音声入力の良さは効率化だけじゃない!言語化するメリットを享受しよう

こんにちは

津田佑介です。


皆さんは資料を作成する時に

音声入力を使っていますか?

近年音声認識の精度も向上し、

キーボードで手入力するより

速いと言われています。


ふっと閃いたアイデアを書き留めようとして

手入力している内に、何を書こうとしていたか

忘れてしまうことがあります。

そんな時でも音声の入力速度なら

頭の回転に追いつけるという良さがあります。


そこで今回は音声入力について取り上げました。


◯音声入力が次世代の健康生活で大活躍!?

音声入力の手順は簡単です。

パソコンやスマホGoogle documentやWordを

開いた時に表示されるマイクボタンを押すだけで

すぐに使えます。


初めて使うと誤変換や話すスピードなどの

コツを掴むまでに少し時間がかかりますが、

慣れてきたらその快適さにきっと驚愕することでしょう!

参考:https://paraft.jp/r000017003131

さらに、音声入力は巡り巡って健康にも貢献します。

手入力する時に前屈みの姿勢になりやすく、

長時間作業は腕の疲労の蓄積や肩こりを引き起こします。

そのような健康被害は音声入力を導入することで

回避できると期待されます。

参考:

https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00271/031800004/


言語化するメリットも同時に受けられる

言葉にすると思考が整理されると言われています。

音声入力を繰り返すと、話しながら考えをまとめる

練習にもなりますね。


音声なら手で入力する時より時間も労力も削減できます。

負担を減らして必要なところに時間を割きたいですよね。

ぜひコツを身につけて積極的に活用してみてください。



◆津田 佑介Twitterはこちら◆

https://twitter.com/yusuke_tsuda_


◆津田 佑介Instagramはこちら◆

https://www.instagram.com/tsuda_yu/


◆公式ブログはこちら◆

https://tsudayusuke-daily.hatenadiary.com/

寒さと時代に流されない!目標を決めて運動していこう

こんにちは

津田佑介です。


東京では2月は雪が積もって冷え込みましたね。

身体が冷えないように防寒対策を強くしたり

外出を控えた方が多かったのではないでしょうか。


最近ではオリンピックで氷上の競技が盛り上がったりと

寒い時期ならではの楽しみ方もあります。

そこで今回は、寒い冬だからこそ

体を動かすメリットについて考えてみました、


◯運動不足解消と防寒対策になるアクション

世間ではテレワーク活用と自粛期間の結果として

外出する機会が減り、運動不足に繋がっているようです。

参照:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症に係る メンタルヘルスに関する調査 インターネット調査 報告書

そんな時だからこそ意識して体を動かしたいですね!

歩こうと思っても家の中でいきなり歩数を増やすことは

難しいため、代わりに筋トレや軽いストレッチが

オススメです。


また外は寒い分、暖房の効いた室内はとても快適です。

しかし、部屋を一歩でも出ると冷気に襲われて

一気に凍え、ヒートショックが起こる危険もあります。

参考:社会福祉法人恩賜財団済生会「冬場に多発! 温度差で起こるヒートショック」


このヒートショック対策として

なんと「運動」が効果的という報告があります。

参考:https://www.alpen-group.jp/fitness/aqf/column/1122/


運動すると体内で代謝が進み、体温が上がります。

この体の仕組みをうまく活用していきましょう!

参考:

https://www.megumikai.com/colum_riha/colum_riha20.pdf


◯数字目標を立ててモチベーションを高めて実行しよう

ただ体温を上げるためだけの運動ではもったいない!

せっかくなので、「一日何を何回やる」や「何分続ける」

といった具体的な数値目標に落とし込んでみましょう。


闇雲にやるよりも目標を立てた方が継続しやすい上に、

身体の引き締め効果も期待できて一石二鳥ですね!


計画立てて行動することで

この冬を充実した時間にしましょう!



◆津田 佑介Twitterはこちら◆

https://twitter.com/yusuke_tsuda_


◆津田 佑介Instagramはこちら◆

https://www.instagram.com/tsuda_yu/


◆公式ブログはこちら◆

https://tsudayusuke-daily.hatenadiary.com/